会長のご挨拶

星野楽器は、明治41年(1908年)文字通り日本の洋楽器の創世記に創業、以来、音楽の西洋化とともに歩み、おかげさまで100余年の歴史を重ねるに至りました。この間の道程は決して平坦なものではなく、戦争を経験するなど幾多の厳しい試練と障害の連続でした。しかし、今日のカタチを成すことができましたのは、音楽を愛し楽器を愛し、私たちに夢と希望を与えてくださいました世界中のユーザーの方々や、有形無形のご支援を賜りました業界の皆様方のご厚情の賜と深く感謝いたしております。

さて現在、楽器は音楽の多様化とともに、さまざまなニーズが表面化してきています。これらのニーズに応えるためには、新しいサウンドを追求すべき電子技術と、永年の職人の勘と手で作っている伝統技術の、全く異なった二つの技術のマッチングが必要となりました。こうした時代にあって私たちは、約1世紀にわたる経験と未来サウンドを志向するチャレンジ精神をもって、研究開発・商品化に一層の努力を決意するものであります。

 

 

 

星野楽器株式会社

 

取締役会長 星野義裕